びるこブログ

ビールを愛する病院薬剤師。伝えたいのは医療のこと、トレーニングのこと、健康について考えること。

MENU

薬剤師

自己紹介します!

こんにちは! びるこです。 ブログ訪問ありがとうございます。 今日は初めて〝ブロガーバトン〟というものを受け取りましたので、自己紹介をしてみようと思います。 薬剤師繋がり ブロガーバトン お気に入りの記事 好きな絵描きブロガーさん (adsbygoogle = …

専門性より人間性

医療現場では専門性も大切だけど、それ以上に大切な人間性。 最近であったおばあちゃんたちに、人間性を学んだ話を書きました。

薬を飲まされている人

治療だってトレーニングだって、やらされていると感じていると続かないものです。 最後に決めるのはいつだって自分なので、自分のことにもっともっと興味をもって選択できる人がどんどん増えていきますように。

リテラシーの低さで損をすることがある

日本人のヘルスリテラシーは世界で最低レベルと言われています。 正しく情報を理解し活用する力は自分を守る力になると思います。 溢れかえっている怪しい情報を患者さんが無条件に信じないように、伝えたいことを書きました。

医療事故から学ぶ

絶対に起こしてはいけないのが医療事故。 それでも、起きてしまうのが医療事故。 そこから何を学ぶのか、何を考えるのかが大切だと思います。

気がついたら骨も強くなってたら最高

加齢で骨は脆くなると諦めてはいけません。 骨粗鬆症は高齢化社会において問題になっていますが、正しい知識を持って、骨に良いことをしていきたいものです。

人口の4%

日本のフィットネス人口は4%程度と言われています。 癌治療においても骨格筋量が重要と言われている時代です。 癌に罹患する前から筋肉の大切さを理解してトレーニング習慣を持つ人が増えてほしいと思います。

年齢を言い訳に使わせない論文

年齢は言い訳にならないという現実を科学的に提示されました。 ツヤツヤの130代目指して邁進していきたいと思います。

GLP-1ダイエットに物申す

GLP-1ダイエットについて、危険性の理解と正しい薬剤の使用について考える大切さを書きました。 ハイカロリーなもの食べて、楽して痩せられたら最高ですけどね。

大事なことは、たいてい面倒くさい

病院で思う、モヤモヤについて書きました。 大事なことは、たいてい面倒くさいのです。 自分の体のことは、面倒くさがらずに向き合って欲しいなと思います。 あと、最近薬の出荷調整続きで現場はパニック状態なのでそのことも書きました。

妊娠適齢期はあっという間に過ぎる

妊娠適齢期について、32歳の私が考えました。 タイムリミットの中で、どう生きるか。 女性についてまわる問題から逃げずにしっかりと向き合っていきたいと思います。

泣かない女はいない

泣かない女はいないのです。 職場での悩みは尽きないものですが、筋トレで返り討ちにしてやりたいと思います。 医療従事者も人間。 患者さんを守る前に、医療従事者を守ってほしいと思います。

危険な薬から私を守れるのは私だけ

黙ってても誰も助けちゃくれないので、抗がん剤の調製のことで頑張って交渉した記録を書きました。 医療安全は全員で作り出さないといけないと今回の件を通して改めて感じました。

性教育に挑んだ15歳の私の話

性教育に挑んだ15歳の時の話を書きました。 まだまだ小娘でした。 HIVやその他の性感染症を防ぐために、知識をしっかりもって生活していきたいと思います。

1位になれなくてもいい

母校が1位になっていたので、喜びを書きました。 高校時代は後の人生に影響を与えると思っています。 1位じゃなくてもいい、質実剛健に生きていきたいものです。

15,000人に見られたことに気が付いて恥ずかしくなった日

嬉しかったTwitterでの出来事。 SNSも上手に使えば、日常で繋がることのできない人と繋がれるんですね。

「治す」から「支える」へ

看取りについて、「何もせず自然に看取る」という選択肢が選べるかどうかをテーマに書きました。 多死社会に向けて、目を背けることができない問題に立ち向かう勇気を持ちたいものです。

職場に友達は必要か?

職場での友情を考えました。 同期に久しぶりに会って、大人の友情も捨てたもんじゃないと感じました。 認め合うことが1番大切。

肝臓は大切にしないとバチが当たる

非アルコール性脂肪性肝疾患について、薬剤師として出来ることを書きました。 人に口出す前に、まずは自分が頑張る。 週刊少年ジャンプの鉄則は、正義を語りたければ強くなれです。

トイレから痙攣しながら出てきた夫

脱水で死にかけた話の夫編です。 白目で痙攣しながらトイレから出てきた姿は一生忘れないと思います。 熱中症対策、今年もしっかり行っていきましょう。

痩せ薬との闘い

危険な痩せ薬がなくなる日まで、闘い続けたいと決意して書きました。 本当に必要な薬って何でしょうか? 最強代謝ホルモンのひとつである甲状腺ホルモンについても書きました。

夢追う貧乏彼氏を支えるための8か条

夫が夢追いフリーターだった頃の話を書きました。 私なりの節約8か条と貧乏彼氏を支える心構え!

麻酔と、私と、それから夫

麻酔科医と薬剤師の関わりについて書きました。 管理が難しい薬が多い麻酔科領域、これからも勉強して周術期管理に役立てる薬剤師でいたいなと思います。

悪いのはアルコールか自分か。

お酒が禁止される未来が来てしまうかもしれない。 長くお酒を楽しみたいからこそ、ずぶずぶに依存するのだけはやめましょう。と自分にも言い聞かせています。

医療にも「笑い」を

伝わっていなければ、何も言っていないことと同じ。 医療現場において分かりやすく伝えること、面白く伝えることの大切さを書きました。 玉井道裕先生の「新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書」を紹介しています。

医薬品の口コミにご用心

医薬品の口コミを見かけたので、薬機法に基づいて考えてみました。 医薬品も化粧品も、誇大広告は禁止されています。 ホイホイ引っかかって書いたくなってしまいますが、注意して情報を選択したいものです。

薬の名前って呪文みたいだよね

病院業務の中で感じる、薬に無関心な患者さんへの思いを書きました。 薬の名前って面白いんです。 興味を持って見てみて欲しいという、私の希望を書きました。

自分の最期をしっかり考える

後悔しない人生を考える上で大切な、緩和ケアや終末期医療、DNARについて書きました。 できることは、できるうちに。 食べたいものは、食べれるうちに。 会いたい人には、会えるうちに。

医療現場で役立つ、さしすせそ

病院の中でも、コミュニケーションスキルを求められる瞬間が多くあります。 意外と体育会系ノリな医療従事者。 関係を拗らせないための「さしすせそ」を紹介します。

30代のクズを救う!

病院薬剤師のびるこです。 今回は大好きな作家:西加奈子さんの「サラバ!」がクズを救うということを書きました。 私がクズだった頃のアルコールへの逃げについても書きました。