びるこブログ

ビールを愛する病院薬剤師。伝えたいのは医療のこと、トレーニングのこと、健康について考えること。

MENU

健康診断前の悪あがき

こんにちは! びるこです。

ブログ訪問ありがとうございます。

 

今週から院内での職員健康診断が始まっているのですが、聞こえてくる会話が非科学的でげんなりしてしまいました。

ワクチン開始の時期がずれ込んだため、健康診断の開始が早まりそれにより

「禁酒・摂生の調整が間に合わない!」 という声が聞こえてきたのです。

 

f:id:beerco:20210429101932j:plain

さくらももこコジコジ

コジコジは宇宙生命体だから、遊んで食べて寝ててもいいよ。

 

 

 

健康診断前って緊張する 

3年間の勉強の成果を試される入試のような、4年に一度のオリンピックの舞台でこれまでの練習の成果を試されるよな、そんな精神状態で健康診断に臨む人は少ないかもしれませんがそうゆうものです。

 

少なくとも、1週間前からの摂生は無意味です。

肝機能や脂質異常の数値改善を望むのならば1ヶ月は意識を変える必要があります。

中性脂肪(TG)は数時間で数値に反映されるため、前日の暴飲暴食での異常値に注意

 

そもそも、何のための健康診断なのかを理解しなければなりません。

人生は生きている限り続くのに、健康診断の1日のために頑張って摂生するなんてのは無意味かつ非科学的です。

 

高血圧の結果、何が起こるのか。

脂質異常の結果、何が起こるのか。

 

なぜ近年こんなにもうるさく食事管理や適度な運動が推奨されるのかを考えなければなりません。

動脈硬化性疾患予防

親族に、心筋梗塞脳梗塞を経験したことのある人は多いのではないでしょうか。

突然死に至る可能性も高い上に、後遺症が残れば本人だけでなく親族も苦しい思いをする可能性が高いです。

悪性新生物を除けば、日本人の死因の大部分を占めるのが心疾患や脳血管疾患です。

 

 脳卒中脳梗塞脳出血)、心疾患(心筋梗塞などの虚血性疾患)の主な原因は動脈硬化

 

ずーっと同じホースで水やりしてたら、ホースがボロボロになって硬くなるあれです。

 

動脈硬化の原因とされるのが

www.j-athero.org

動脈硬化性の疾患を起こして悲しい最期を迎えないために、穏やかな最期を迎えるために、治療が必要な人たちは高血圧や脂質異常、糖尿病の治療をしているわけです。

親族のためにも、自分のためにも日々自分の体を管理する必要があります。

 

先日マツコデラックスさんが、

「将来自分を介護する人に苦労をさせないために、ジムに通う決意をした」

と言っていて、そうそう! その通り! と思いました。

自分のためだけでなく、周りのためにというのが大切です。

 

なので、健康診断前だから摂生しなきゃーは論外です。

医療従事者なのにそんな会話をするなんて、私は怒っています。 ぷんぷんです。

 

体の内部をイメージする

清水茜さんの「はたらく細胞」という漫画があります。

個人的には「はたらく細胞BLACK」の方が好きなのですが、細胞たちの日々の奮闘を描いている漫画です。

最近は学校の授業でも使用しているという情報を見たことがあり、現代の学生は楽しく勉強できるツールがたくさんあって良いなーと思いました。

 

体の管理をちゃんとしていない人の血管に見立てた通路が超汚い!!

f:id:beerco:20210429102055j:plain

はたらく細胞BLACK」清水茜

これがプラーク(粥状動脈硬化巣)のイメージですが、分かりやすいし危機を感じやすいです。

一瞬馬糞かな? って思うレベルです。

 

血管壁にコレステロールが〜と先生に言われてもピンときませんので、診察室にこれを貼っておけば良いのではないかと思っています。

 

LDLコレステロール値の低下により、この馬糞たち(プラーク)の容積退縮が起こりやすいことはガイドラインでも示唆されています。

また、LDLコレステロールの低下による心血管イベント抑制効果エビデンスが示されています。

 

年中脂質管理はしておいた方が良いってことですね。 

血圧管理や脂質異常の管理は、薬を飲んでも飲まなくても患者さんの体の状態が変わらないため飲み忘れが多発しますが、その都度このシーンを思い出して欲しいなって思っています。

 

原発脂質異常症

明らかに乱れた食生活や日常生活を送っていなくても遺伝子異常により脂質異常を起こしやすい人はいます。

  • 家族性複合型高脂血症 約100人に1人
  • 家族性高コレステロール血症
    ヘテロ接合体(一方の親から異常遺伝子を受け継いだ患者さん) 約500人に1人
    ホモ接合体(両親から異常遺伝子を受け継いだ患者さん) 100万人に1人

割合で見てみると、かなり高頻度であることが分ります。

食事運動療法は必須ですが、それだけでは太刀打ちできない場合も多くありますので薬物治療の重要性をしっかりと理解して欲しいと思います。

 

健康診断の時だけ頑張るスタイルだとこのような疾患を見逃す可能性もあるため、普通の生活を送って私のLDLコレステロールはこの値! というのを知っておくことは大切です。

 

まとめ

  • 必要な薬と不必要な薬を見分けるためにも、健康診断前だけ頑張るのはやめる
  • なんとなく採血前日ビール控えたりしちゃうのは人間の性
  • 血管の中までイメージして、日々生活する

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

はたらく細胞コロナウイルス編も公開されています!

 

一人一人、適正な食事量と運動量は違うよねって話はこちらです。

www.beercobeerco.com